So-net無料ブログ作成

今日の美術「横尾忠則 自我自損展」 [美術]

今日の美術「横尾忠則 自我自損展」 (横尾忠則現代美術館)

9月半ばに始まった「横尾忠則 自我自損展」。
サブタイトルは、「ゲスト・キュレーター:横尾忠則」です。
会期も半分を過ぎたので、行ってきました。
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2019/06/post-16.html
191111.jpg
今回の展示「横尾忠則 自我自損展」は、
サブタイトルにもあるように、横尾さんをゲスト・キュレーターに迎え、
横尾さん自身が個展をキュレーションするという内容。
公立美術館では初の試みということです。
様々な作品が選ばれており、楽しめました。
3階には、Y字路も展示されていましたね。
また、初展示となる作品、新たに手を加えられた作品なども。
何れも興味深かったです。
191113.jpg
(知らずに行ったのですが、無料開放日でした)
191112.jpg
さて、次回の展示は、2/1からで
「兵庫県立横尾救急病院展」
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2019/10/hospital.html
また行かねば。
nice!(12)  コメント(0) 

今日の美術「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」 [美術]

今日の美術「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」(国立国際美術館)

昨年、「プーシキン美術館展」に行って以来となりますが、
国立国際美術館へ行ってきました。かなり久しぶりとなります。
美術館サイトは↓
http://www.nmao.go.jp/exhibition/2019/klimt.html
公式サイトは↓
https://artexhibition.jp/wienmodern2019/
191033.jpg
今回は、「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
日本・オーストリア外交樹立150周年記念としての開催で、
ウィーン・ミュージアムの所蔵品を中心とした展示となります。
注目は、タイトルにも含まれるクリムト、そしてシーレの
作品なわけですが、19世紀末~20世紀初頭のウィーンのアート、
興味深い作品ばかりでしたね。
工芸品、ポスターなど現代に通じるデザイン性に驚きました。
当時の日本からは想像もできない世界だったと思われます。
また、「コレクション特集展示 ジャコメッティと Ⅱ」も開催中。
石内都さん、荒川修作さんの作品も展示されており、興味深かったです。

さて、次回の展示は、1/7から。
「アーキテクチャー 建築家たちの夢 」
です。また行きたいですね。
191034.jpg

nice!(12)  コメント(2) 

今日の美術 「リンダ マッカートニー ザ ポラロイド ダイアリーズ」 [美術]

今日の美術 「リンダ マッカートニー ザ ポラロイド ダイアリーズ」(阪急うめだギャラリー)

セミナーに行くまでに、少し時間があったので
阪急うめだギャラリーにて開催中の「リンダ マッカートニー 
ザ ポラロイド ダイアリーズ」に行ってきました。
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_lindamccartney2019/index.html
191031.jpg
こちら、ポール・マッカートニーさんの妻であったリンダ・マッカートニーさんが
70年代初頭から90年代後半にかけて撮影されたポラロイド写真を
集めて展示した内容。
ミュージシャンを撮影した写真もありますが、
多くは、家族との日常を撮影した写真が多かったです。
その日常も、乗馬など自然と触れ合ったものが多く、
素敵な写真ばかりでしたね。
また、会場内では、写真に焦点をあてた短いムービーも
見ることができ、こちらも興味深かったです。
さて、この展覧会は10/28までとあとわずか。
興味を持たれた方はぜひ。
191032.jpg
nice!(13)  コメント(0) 

「2019 Osaka Metro Halloween」 [美術]

「2019 Osaka Metro Halloween」(Osaka Metro)

今年の夏のOsaka Metroは、「なぜか生きのこったへんな動物」スタンプラリーが
開催されました。
今月、ハロウィンのイベントとして、「ハロウィンにゃんばろうスタンプラリー」
などを開催中です。
https://subway.osakametro.co.jp/tourism/event/20190926_odekake_omhalloweeen.php

スタンプラリーに合わせて、フォトスポットも設置されています。
西梅田はこんな感じ。
191027.jpg
前回、ここを通ったときに置かれていた「お化けカボチャ」は
もう撤去されていましたね。残念。
「ハロウィン装飾列車」も走っているそうですが
まだ見ていないです。
運行日時は公表されていないので、運が良ければ
見ることがあるのかも...
191028.jpg
一方、北大阪急行は50周年。
https://www.kita-kyu.co.jp/50th/
そのヘッドマークを付した電車が走っています。
イベントも計画されているようですね。
191026.jpg
nice!(11)  コメント(0) 

今日の美術 「ラファエル前派の軌跡展」 [美術]

今日の美術 「ラファエル前派の軌跡展」(あべのハルカス美術館)

2ヶ月ぶりに、あべのハルカス美術館へ行ってきました。
前回はここで「ギュスターヴ・モロー展」を観ています。
今回の展示は「ラファエル前派の軌跡展」です。
https://prb2019.jp/
191013.jpg
こちらは巡回展で、東京、福岡を経て、大阪にて開催。
今回は、1848年に結成された「ラファエル前派同盟」に関わる作品が
5章に分けて紹介されています。
ターナー、ラスキンの作品で始まり、ラファエル前派の作品へと続きます。
私として特に気になったのは、アーサー・ヒューズ、
そしてジョージ・フレデリック・ワッツの作品。
さて、この展覧会は12/15まで。
興味を持たれた方はぜひ。
191012.jpg
そして次回の展示は「カラヴァッジョ展」。
こちらは12/26 からとなります。巡回展で現在は北海道、その後は名古屋、
そして大阪。こちらも楽しみですね。
http://m-caravaggio.jp/index.html
nice!(13)  コメント(2) 

今日の美術 「国際周期表年2019特別展」 [美術]

今日の美術 「国際周期表年2019特別展」(名古屋市科学館)

7月には、特別展「絶滅動物研究所」に行きましたが、
9日間限定の企画展「国際周期表年2019特別展」に行ってきました。
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/attraction/special_exhibition/post_70.html
公式HPは↓
https://iypt.jp/j-exhibition/top.html
190935.jpg
2019年は、1869年にメンデレーエフが周期表を発見して150年目とのことで、
ユネスコが2019年を国際周期表年と制定し、
日本でも様々なイベントが開催されているようです。
その一つが、この「国際周期表年2019特別展」。
内容は、周期表の発展、生活と元素との関係などに加え、
元素に絡む著作の紹介、最新でユニークな周期表の展示などもありました。
そして元素の発見時期についてのスタンプラリーもあります。
190937.jpg
また、天文館5階展示室では、「アポロ11 ファースト・ステップ版」が
こちらも期間限定で上映中です。
これは、アポロ11号月面着陸50周年を記念したドキュメンタリー映画。
時間は25分。興味深い映像でしたね。
190938.jpg
今回の企画展は、9/29まで。
あと少しですが、興味を持たれた方はぜひ。
そして次の特別展は、11月30日からで
「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」となります。
まだだいぶ先ですね。
https://futurepark.teamlab.art/places/ncsm
190936.jpg
nice!(11)  コメント(0) 

今日の美術 「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」 [美術]

今日の美術 「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」 (大阪歴史博物館)

7月末から開催されている、「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」。
会期が残りわずかとなり、ようやく行ってきました。
サブタイトルは「国芳、広重、国貞、豊国、英泉… 江戸・明治の浮世絵師たちが描く」
となっています。
http://www.mus-his.city.osaka.jp/index.html
190911.jpg
大阪歴史博物館へ行くのは久しぶり。
前回観た特別展は「幽霊・妖怪画大全集」ですから、ずいぶん前ですね。
190912.jpg
週末に伺ったこともあり、たくさんのお客さん。
大人気なんですね。
展示は、江戸・明治の浮世絵師たちが描いた猫が登場している浮世絵。
猫の描かれ方は様々。
しかし、浮世絵師の方々、相当な猫好きであったと思われます。
絵から猫への思いが伝わってきた感じです。
さて、本展示の会期は9/8までと、あとわずか。
興味を持たれた方はぜひ!
(次の展示は「決定版・刀装具鑑賞入門」)
190913.jpg
nice!(10)  コメント(2) 

今日の美術「1/300のたくらみ 景観模型の世界」 [美術]

今日の美術「1/300のたくらみ 景観模型の世界」(大阪府立中之島図書館)

大阪府立中之島図書館で開催中の「1/300のたくらみ 景観模型の世界」に
行ってきました。
https://www.nakanoshima-library.jp/post_infomation/%e6%99%af%e8%a6%b3%e6%a8%a1%e5%9e%8b%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c1-300%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%bf/
190865.jpg
本展示は、入場無料の「夏休み特別展」です。
タイトルにもあるように、1/300のスケールにて作製された
景観模型を展示する内容。
展示された模型の多くは、産経新聞の連載にて掲載されたもの。
私はその連載のことは全く知らず、初めて見た景観模型の
精巧さに驚かされました。
どのような技術で、どのくらい時間で作製されるのか?
想像できない分野ですね。
さて、会期は8/31までと、残りわずか。
興味を持たれた方はぜひ。
190866.jpg
nice!(10)  コメント(0) 

「なぜか生きのこったへんな動物 スタンプラリー」 [美術]

「なぜか生きのこったへんな動物 スタンプラリー」(Osaka Metro)

昨年は、JR西日本ではなくOsaka Metroにて開催されたのは
ポケモンスタンプラリー。
今年のOsaka Metroは、ポケモンではなく「なぜか生きのこったへんな動物」
スタンプラリーを開催。
アニメなどのキャラクターを使用しないスタンプラリーは
珍しいのでは?
https://subway.osakametro.co.jp/news/news_release/20190703_hennadobutsustumprally.php
190859.jpg
7,15駅のスタンプで賞品がもらえる設定。
10駅で出題されているクイズに答えることでも
抽選で賞品がもらえます。
7,15駅のスタンプで必ずもらえるのは、
オリジナル下敷き(7駅)、そして
オリジナルノート、へんな動物博士認定証(15駅)
Osaka Metroのみでの開催で、エリアが狭いためなのか
高価というかレアな印象の賞品はないようですね。
そして、写真撮影スポットはゴールポイント設置場所のみ。
(まだ行っておりませんが)
キャラクターを使用しなくても、集客効果はあるのか?
気になるところです。
190860.jpg
nice!(14)  コメント(0) 

「くまのがっこう スタンプラリー」(阪急電鉄) [美術]

「くまのがっこう スタンプラリー」(阪急電鉄)

7月から、阪急電鉄にて新たなスタンプラリーが始まっています。
今回は、大人気絵本シリーズの「くまのがっこう」。
https://www.hankyu.co.jp/area_info/jackie_hankyu2019/
190852.jpg
4つの駅のスタンプを集めると、ネームキーホルダーが
もらえるというスタンプラリー。
4つの駅は阪急電鉄の各路線に設定されているので、
結構遠いですね。
でも、スタンプポイントにはフォトスポットが設置されていますので
スタンプを押すだけではない楽しみもあります。
190851.jpg
また、期間中は「えほんトレインジャッキー号」が運行されています。
神戸線、宝塚線、京都線の各線を1編成ずつ運行中とのこと。
先日、運よく、神戸線にて乗車しました。
新作の『ときのおくりもの』が列車の中吊りで展開され
ヘッドマーク、ドア横ステッカーなども付されたスペシャルな装飾列車でした。
190849.jpg
190850.jpg
他の路線のコラボ列車にも乗ってみたいですね。
スタンプラリー、列車運行期間は、10/31までとのことです。
190853.jpg
nice!(11)  コメント(0) 

今日の美術「人食いザメと金髪美女―笑う横尾忠則展」 [美術]

今日の美術「人食いザメと金髪美女―笑う横尾忠則展」 (横尾忠則現代美術館)

5月末に始まった「人食いザメと金髪美女」。
サブタイトルは、「笑う横尾忠則展」です。
終了が近づいてきたので、行ってきました。
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2019/05/panic.html
190845.jpg
今回の展示「人食いザメと金髪美女」は、
横尾さんの作品に取り入れられた様々な「笑い」の要素を
鑑賞する内容です。
今回はこれまで観たことのない作品がわりと多く、
おもしろかったですね。
特に気になったのは、「タカラヅカを観た夜に見た夢」、
「哲学者」、「正確な寸法で描かれたルソー像」あたりです。
190846.jpg
さて、次回の展示は、9/14からで
「横尾忠則 自我自損展」
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2019/06/post-16.html
また行かねば。
190847.jpg
nice!(11)  コメント(0) 

今日の美術 「ギュスターヴ・モロー展」 [美術]

今日の美術 「ギュスターヴ・モロー展」(あべのハルカス美術館)

3ヶ月ぶりに、あべのハルカス美術館へ行ってきました。
前回はここで「クマのプーさん展」を観ています。
今回の展示は「ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」です。
https://www.aham.jp/exhibition/future/moreau/
190826.jpg
今回は、サブタイトルにあるように、モローが描いた女性像が
4つに分けて紹介されています。
代表作であるサロメを始め、興味深い作品ばかり。
特に気になった作品は「死せるオルフェウス」でした。
190827.jpg
さて、この展覧会は9/23まで。
巡回展示で、この次は福岡市美術館となります。興味を持たれた方はぜひ。
そして次回の展示は「ラファエル前派の軌跡展」。
こちらは10/5 からとなります。現在は久留米で開催中。
https://prb2019.jp/
190828.jpg
nice!(14)  コメント(2) 

今日の美術 「ひびのこづえ展」(三菱地所アルティアム) [美術]

今日の美術 「ひびのこづえ展」(三菱地所アルティアム)

先日、ほぼ5か月ぶりに三菱地所アルティアムへ行ってきました。
今回のイベントは、ひびのこづえ展「みる・きる・つくる」 です。
http://artium.jp/exhibition/2019/19-04-hibino/
190819.jpg
東京芸術大学美術学部デザイン科卒業され、
コスチューム・アーティストとして多くの作品を生み出されてきた
ひびのこづえさんの作品を「みる・きる・つくる」をテーマに
紹介する内容。
会場には、ダンス「不思議の国のアリス」の衣装、
NODA・MAPの舞台衣装に加えて、バッグなども展示されていました。
色、デザイン、どこから見ても素敵な作品ばかり!
また、併設ショップでは、ひびのこづえさんデザインのハンカチなどが
販売されていました。
私はタオルを購入。種類が豊富で迷いました。

さてこの展示ですが、8/25(日)まで。
興味を持たれた方はぜひ。
その後の展示は、8/31から
「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
http://artium.jp/exhibition/2019/19-05-tarabooks/
となります。
190818.jpg
nice!(13)  コメント(0) 

今日の美術 「絶滅動物研究所」 [美術]

今日の美術 「絶滅動物研究所」(名古屋市科学館)

5月には、特別展「血液ツアーズ『人体大解明の旅』」に行きましたが、
その後始まった特別展「絶滅動物研究所」に行ってきました。
https://www.ctv.co.jp/event/zetsumetsu/
190753.jpg
今回の展示は、4つのゾーンに分けて、
世界から人間が絶滅させた動物、絶滅の危機にある動物を紹介する内容。
絶滅の理由の多くは人間。
毛皮、食糧としての捕獲、住む場所を奪うなど
人がいなければ、絶滅していない場合が多数。
現在はそのようなことはないかと思いますが、残念ですね。
また、東山動植物園の人気ベスト10の動物の全てが“絶滅危惧種”とも。
「保全」への取り組みがさらに進んでほしいです。
190751.jpg
なお、貴重な「ニホンオオカミ剥製」は8/18までの限定展示とのこと。
190754.jpg
今回の特別展は、9/8まで。
まだ1か月以上ありますが、興味を持たれた方はぜひ。
そして次の特別展は、11月30日からで
「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」となります。
まだだいぶ先ですね。
https://futurepark.teamlab.art/places/ncsm
190752.jpg
nice!(11)  コメント(0) 

今日の美術 「東海道五拾三次」 (大阪浮世絵美術館) [美術]

今日の美術 「東海道五拾三次」 (大阪浮世絵美術館)

仕事の帰り、雨でしたが、7/11にオープンしたばかりの
大阪浮世絵美術館に行ってきました。
https://osaka-ukiyoe-museum.com/
190740.jpg
場所は心斎橋から歩いて少しの商店街の途中です。
以前、1階が不二家でケーキなどを販売していたビルの3階。
1階の不二家店舗はなくなっており、ドラッグストアになっていました。
開館記念展として行われているのが 「東海道五拾三次」展。
歌川広重の出世作として有名な「保永堂版 東海道五拾三次」について、
変わり図も合わせ、全56作品が展示されています。
ビルの3階であり、狭いスペースではありますが、
全作品が一挙に観れるとは圧巻です。
190741.jpg
ここは閉館が19時30分と遅めなので
平日でもアクセスしやすいところがよいですね。
また伺いたいと思います。
190742.jpg
nice!(13)  コメント(0) 

「アンパンマン列車」 [美術]

「アンパンマン列車」

仕事の都合で久しぶりに四国へ。
岡山駅での乗り換えの際、アンパンマン列車を見ました。
アンパンマン列車を見るのもかなり久しぶり。
www.jr-eki.com/aptrain/
190648.jpg
今回、行き先が異なっていたため乗車しませんでしたが、
以前、一度だけ乗ったことがあります。
もう20年近く前でしょうか。
そのときも仕事の都合で、しかも仕事関係者と一緒でしたので
写真を撮ることもなく乗っただけでしたね。
サイトを見ると、何度かリニューアルされているようですので
今回見た車両は、おそらく以前の車両とは異っています。
作者であるやなせさんに関わる高知などJR四国の路線を走る
「アンパンマン列車」。
横尾忠則さんのラッピング電車はなくなってしまいましたが
こちらはいつまでも走り続けることと思います。
190650.jpg
190649.jpg
nice!(15)  コメント(4) 

今日の美術 「新収蔵品展2016-2019年」 [美術]

今日の美術 「新収蔵品展2016-2019年」 (福岡アジア美術館)

ちょっと時間があったので、久しぶりに福岡アジア美術館に
行ってきました。
前回行ったのは特別展の「北斎展 ~師と弟子たち~」でしたので
およそ4年ぶり。
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
190614.jpg
今回、特別展はやってなかったので、観たのは
「新収蔵品展2016-2019年」
「姚明水墨画書道展」
となります。
190615.jpg
新収蔵品なので、近年の作品が多かったのですが
古い作品もあり、とても興味深かったです。
アジアといってもとても広く、様々な作品がありました。
とても刺激的でしたね。
福岡に行くことがあれば、また伺いたいと思います。
nice!(11)  コメント(0) 

今日の美術 「人体大解明の旅」 [美術]

今日の美術 「人体大解明の旅」(名古屋市科学館)

2月に名古屋市科学館内のプラネタリウムに行きましたが、
今度は名古屋市科学館で開催中の特別展に行きました。
今回の展示は「血液ツアーズ『人体大解明の旅』」。
ここで特別展を観るのは「マーベル展-時代が創造したヒーローの世界-」
以来、ほぼ1年ぶりとなります。
http://jintai2019.com/
190555.jpg
今回の展示は、血液とともにからだの中を「旅」して、
からだの「しくみ」や「はたらき」を学ぶ内容。
今回の展示でユニークなところは、「はたらく細胞」のキャラクターが
登場して、マンガのいくつかのシーンと共に、
説明を加えているところ。
展示を最後には、「はたらく細胞」に関わる様々なグッズの
販売もあり、クリアファイルとバッジを購入しました。
190557.jpg
さて、今回の展示は6月2日(日)までであり、残りわずか。
興味を持たれた方はぜひ。
190556.jpg
そして次の特別展は、7月6日からで
「絶滅動物研究所」となります。こちらも気になるところ。
https://www.ctv.co.jp/event/zetsumetsu/index.html
190558.jpg
nice!(10)  コメント(0) 

今日の美術 「クマのプーさん展」 [美術]

今日の美術 「クマのプーさん展」(あべのハルカス美術館)

先月に引き続き、あべのハルカス美術館へ行ってきました。
前回はここで「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」を観ています。
今回の展示は「クマのプーさん展」です。
https://www.aham.jp/
190517.jpg
今回は、著者であるA.A.ミルンさん、挿絵を担当されたE.H.シェパードさんの
貴重な作品を集めた展示です。
子どもの頃に読んだ「クマのプーさん」。
ページレイアウトのこだわりなど、当時気付かなかった作者らの工夫について
知ることができて、とてもよかったです。
そのようなひとつひとつの積み重ねが、
今も世界の方々に愛されている理由かと思います。
私が伺ったのは平日の閉館前でしたが、
多くの方が来館されていました。
190518.jpg
さて、この展覧会は6/30まで。
巡回展示ですが、この大阪が最後なようです。興味を持たれた方はぜひ。
そして次回の展示は「ギュスターヴ・モロー展」。
こちらは7/13 からとなります。
(現在は東京で開催中)
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/19/190406/
190519.jpg
nice!(11)  コメント(0) 

「広島平和記念資料館」 [美術]

「広島平和記念資料館」

連休の半ば、久しぶりに広島に行きました。
そして、この4/25に本館がリニューアルオープンされた
広島平和記念資料館にも行ってきました。
http://hpmmuseum.jp/
190511.jpg
広島駅から路面電車に乗り、原爆ドーム前で下車して
歩いて少しのところにあります。
190512.jpg
連休中であり、かなりの人でした。
待ち列の最後尾は資料館の外で、公園まで待ち列は伸びていました。
ここへは以前来たことがありますが、ずいぶん前。
リニューアルされ、印象が変わりました。
しかしながら、戦争、原爆投下の痛みと真実を伝える内容は
何も変わっておらず、今後も平和の継続に向けた
取組が重要であると感じました。
時間が限られていたため、他の施設へは行けなかったので
また改めて広島を訪れたいと思います。
190513.jpg
nice!(14)