So-net無料ブログ作成

今日の本 「摩天楼区アベニューC」(戸井十月/集英社文庫:1988年) [本]

今日の本 「摩天楼区アベニューC」(戸井十月/集英社文庫:1988年)

このところ再読が続いております。
前回に引き続き、戸井十月さんの著作を手にしました。
オビには「危険な街の危険な男たち。新感覚で描く青春アクション作家
会心の書下し!」とも。
今回は、1988年に文庫でリリースされた作品です。

著者は戸井十月氏。作家であり、映像ディレクター。
既に他界されておりますが、多くの著作があります。

先に読んだ「よろしく、ベイ・シティ」は雑誌連載をまとめたものでしたが、
本書は、オビにもあるように書下しとのこと。
仕事でマンハッタンに戻った日本人建築家が、
元恋人を助け、新興マフィアに対抗し、地域の人々と戦う内容。
先に読んだ「よろしく、ベイ・シティ」と同様に、
こちらも乾いた感触ながら、熱い思いに満ちております。
戸井十月氏の著作ですが、80年代末あたりの作品は
よく読んだものの、その後はなぜか読んでおりません。
調べてみると、ドキュメンタリー的な作品も多いようです。
絶版となっているものが多いのが残念ですが、
図書館にて手にしたいと思います。
190862.jpg
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ: