So-net無料ブログ作成

「宇宙線による巨大物体の透視技術とその応用」 [その他]

「宇宙線による巨大物体の透視技術とその応用」

私としては、8月3度目となる弁理士会の研修会に参加しました。
今回はいつもの研修とは異なり、名古屋大学との先端イノベーション研修
ということで、タイトルは、「宇宙線による巨大物体の透視技術とその応用」。
名古屋大学での開催でした。
190906.jpg
講師は、名古屋大学大学院 理学研究科 特任助教である森島邦博先生。

タイトルにもあるように、宇宙線による非破壊での巨大物体の透視技術を
解説いただき、いくつかの実験例と応用について講義いただきました。
宇宙線は、素粒子ミューオン。
実験例としては、まずはNHKでも放送されたという「クフ王のピラミッド」。
なんと、2つの未知の空間が検出されたという成果が
得られております。
また、原発の事故炉内部状況の把握にも使われるなど、
次々と新たな結果が得られていて、今後が楽しみです。
もちろん、ノウハウを除き、積極的に特許出願もされているとのこと。
講義の後、研究室の見学も行われました。
大学の研究室を伺うのは、ずいぶん久しぶり。
あまり昔と変わらない印象で、何だか懐かしい感じがしました。
機会があれば、このような研修にも参加したいですね。
190907.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び