So-net無料ブログ作成

今日の美術 「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」 [美術]

今日の美術 「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」 (大阪歴史博物館)

7月末から開催されている、「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」。
会期が残りわずかとなり、ようやく行ってきました。
サブタイトルは「国芳、広重、国貞、豊国、英泉… 江戸・明治の浮世絵師たちが描く」
となっています。
http://www.mus-his.city.osaka.jp/index.html
190911.jpg
大阪歴史博物館へ行くのは久しぶり。
前回観た特別展は「幽霊・妖怪画大全集」ですから、ずいぶん前ですね。
190912.jpg
週末に伺ったこともあり、たくさんのお客さん。
大人気なんですね。
展示は、江戸・明治の浮世絵師たちが描いた猫が登場している浮世絵。
猫の描かれ方は様々。
しかし、浮世絵師の方々、相当な猫好きであったと思われます。
絵から猫への思いが伝わってきた感じです。
さて、本展示の会期は9/8までと、あとわずか。
興味を持たれた方はぜひ!
(次の展示は「決定版・刀装具鑑賞入門」)
190913.jpg
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 10

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

おもしろい企画ですね。猫は芸術家のインスピレーションを刺激する最たる動物であり続けてますね。ボードレールも猫の詩を書いてますし。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2019-09-06 06:37) 

TBM

>RUKO さま、niceとコメントありがとうございます。
猫を擬人化作品が多いのかと思っていたのですが
それだけでなく、多種の作品があり
楽しめました。猫への興味は世界的なのですね。
by TBM (2019-09-06 20:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。