So-net無料ブログ作成

今日の本 「難題が飛び込む男 土光敏夫」 [本]

今日の本 「難題が飛び込む男 土光敏夫」(伊丹敬之/日経ビジネス人文庫:19年)

オビには「令和のリーダーは「土光さん」に学べ」とも。
2017年の単行本を文庫化。土光さんに興味を持って手にしました。

著者は伊丹敬之氏。国際大学学長、一橋大学名誉教授とのこと。
多数の著作があります。

本書、9章から構成。石川島播磨、東芝の再建に社長として挑み、
さらに日本の行政の立て直しまで任されたという土光氏の生涯を
まとめた内容。
石播、東芝の社長を務めたというだけでも驚きですが
なんとその後に、84歳という高齢で、臨調会長に。
誰にもできないことと思います。
様々な言葉を残しておられますが、7章に20の言葉を選出して掲載。
特に気になったのは
・未来に生きよう。われわれの既知の分野よりも未知の分野のほうが
 はるかに広大である。
です。深いですね。

さて、著者は本書を経営者評伝3部作のラストと位置付けておられます。
先の著作で取り上げた経営者は、本田宗一郎さん、西山彌太郎さん。
そちらも読んでみたいところです。
190926.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。