So-net無料ブログ作成

今日の本 「ウルトラマンデュアル」 [本]

今日の本 「ウルトラマンデュアル」(三島浩司/ハヤカワ文庫:18年)

先日、「TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE 01」である
「多々良島ふたたび」を読みましたが、引き続き続編である「02」の
「ウルトラマンデュアル」を手にしました。
本書は2016年の単行本の文庫化。オビには「ウルトラ戦士の叙事詩」とも。

著者は三島浩司氏。1969年生まれとのことですので、ウルトラQ、マン、セブンは
リアルタイムで体験していない世代ですね。

「多々良島ふたたび」が短編の競作であったのに対して、
こちらはひとりの作家による長編。
なんと500ページを超えるボリュームです。
ヴェンダリスタ星人とウルトラ戦士の戦い後、地球に生き残ったヴェンダリスタ星人と
ウルトラの聖女ティアとの対立を、地球人と絡めて描かれた内容。
ティア側で、ウルトラ化を選択した地球人。
一方、中立側の地球人にはヴェンダリスタ星人が絡み、ティア側とは対立...
そして送り込まれる怪獣とウルトラマンデュアルとの戦い。
とてもおもしろく、一気に読んでしまいました。

さて、本書は「TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE」は
2016年に「03」が単行本でリリース済。
タイトルは「ウルトラマンF」。こちらも読んでみたいですね。
180718.jpg
nice!(13)  コメント(2) 

nice! 13

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

調べてみたらですね、わたしも『ウルトラセブン』、再放送で観たのでした(笑)。それを考えたら、よく再放送してくれていたなと思います。これを子どもの頃に観ていると、いないとでは大きく違うと言っていいほどの高いクオリティでしたから。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2018-07-19 01:38) 

TBM

>RUKO さま、niceとコメントありがとうございます。
セブンはわりと再放送されていた記憶があります。
ネットのない時代に、民放で手軽に見れたのは
ほんとよかったです。
著者の方は再放送がなく、タロウを見ていないと
あとがきで書かれています。
タロウ、見たような気もしますが記憶には
残っていないです。
by TBM (2018-07-19 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。