So-net無料ブログ作成

「日本企業の知的財産マネージメントの在り方について」 [その他]

「日本企業の知的財産マネージメントの在り方について」

今年最後の弁理士会の研修会に参加しました。
今回のタイトルは、「日本企業の知的財産マネージメントの在り方について」。
この研修会は3会場で実施され、私が参加したのは大阪です。
会場は、TKP梅田。
171224.jpg
講師は、技術保護テキスト作成委員会の中尾直樹先生。
リーマンショックくらいまでは、とにかく国内重視で出願
というのが、日本の企業における知財でした。
その後、出願件数は減り、質重視、国外重視へと移行。
本研修では、最近の
・オープン&クローズ戦略
・アウトバウンド型オープン・イノベーション
といった、企業の知財戦略について解説する内容でした。
権利化に向けて出願しても、公開されると海外からも見られ放題。
そしてまねされ放題。
いかにコア技術を秘匿化しつつ、うまく利益を得るのか。
今後の知財のあり方、かなり戦略が重要な印象でした。

今年の研修受講は、これで終了。
来年も、可能な限り受講していきたいです。
nice!(8) 

nice! 8