So-net無料ブログ作成

今日の本 「どんな球を投げたら打たれないか」 [本]

今日の本 「どんな球を投げたら打たれないか」(金子千尋/PHP新書:14年)

昨年末、「金子千尋の変化球バイブル」について記事にしましたが、
もう1冊、金子投手の本を手にしました。
オビには、『打席に立って嫌な球は、「変化しない変化球」。』の文字が。

著者は金子千尋投手。自らが執筆しています。

本書、6章から構成。
金子投手が、変化球や投球術について語る内容。
昨年は沢村賞も受賞し、球界No.1の投手である金子投手。
投球術について、とても興味深い記載がありました。
 打者目線で変化球を考える
ということ。その結果が、
 大きな変化はいらない
につながり、極論すれば、オビにあるように
 変化しない変化球
になるのです。
この発想、興味深いですね。
大きな変化で、バットにかすりもしない という変化を求めず、
内野ゴロでアウトをとれば、1球でアウトをとれるからだとか。
そういえば、昨年、確か100球以内での完投勝利が
あったような気がします。
奪三振が多いので、そのように思考されているとは、
思っていなかったです。

現在は、キャンプ中のオリックス。金子投手は、昨年、手術をして、
スローペースでのキャンプとなっているようですが、
やはり今年の開幕投手は金子投手と思います。
今年の活躍、期待です。
150215.jpg
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0