So-net無料ブログ作成

今日の本 「脳を活かす勉強法」 [本]

今日の本 「脳を活かす勉強法」(茂木健一郎/PHP文庫:10年)

2~3年前には、よく手にしていた茂木さんの著作。
リリースが多すぎてついていけない...というか、内容がかぶる著作もあり
ちょっと間を置いていた感じ。
久々に手にしました。

といっても本書、2007年リリースの文庫化。
かなり売れたようで、文庫に。(オビには80万部と!)
内容ですが、8講に分けて、37のアドバイスがつまっています。

しかしね、著作をよく手にしていた頃のリリースであり、
残念ながら、「これは!」という目新しい事項はちょっとなかったです...

まあその中で、今後の私に特に必要かと思われたのが、
 005 一つひとつの行動に負荷をかける
でしょうか。
「タイムプレッシャー」→ 自分の作業に制限時間をもうける
学生の頃は、テストを受ける機会が多くあり、タイムプレッシャーを
感じることはよくあったのですが、社会人になるとなかなかないのです。
短期的に「15分でこれを仕上げる」といった制限を仕事の中でかけることは
あっても、60分~90分、はたまた120分!といった制限はありえない(苦笑)。
しかし昨年、資格試験に行った際、非常に感じたのが、長めの時間における
集中力の無さなのです。
日々、「タイムプレッシャー」を意識することが大切なのかも?
100903.jpg
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 4

末尾ルコ(アルベール)

確かに「タイムプレッシャー」を敢えてかけるのは重要ですね。
時間に余裕があると、どうしてもダラダラしてしまいがちですから。

                               RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2010-09-08 00:55) 

FUCKINTOSH66

会社(雑誌出版社)勤めの頃は毎日が「タイムプレッシャー」と「締切りまであと○○分のカウントダウン」づくしの中で仕事してたような気がします。おかげで悪夢にうなされることもしばしばでした(間に合わなくて紙面が真っ白になる夢とかw)

>60分~90分、はたまた120分!といった制限
ああなんか懐かしい...デッサンの授業や受験の実技試験の時間制限(最低でも2時間、長い場合は5時間)を思い出しました〜。
by FUCKINTOSH66 (2010-09-08 11:39) 

TBM

>RUKO さま、niceとコメントありがとうございます。
いきなり「タイムプレッシャー」ばかりだと、
神経がもちそうにないので、少しずつ、メリハリをつけて、
実践しようかと思っています。
by TBM (2010-09-08 23:52) 

TBM

>FUCKINTOSH66さま、niceとコメントありがとうございます。
「タイムプレッシャー」が容易に想像できる会社→雑誌出版社
にお勤めでしたね。かなり過酷な日々だったようで...
で、様々な時間制限。すべては懐かしく、記憶の彼方。
しかし今一度、実践するつもりです(苦笑)。
by TBM (2010-09-08 23:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0