So-net無料ブログ作成

今日の本 「つながる脳」 [本]

今日の本 「つながる脳」(藤井直敬/NTT出版:09年)

昨年リリースされた、脳関連の興味深い一冊。
ちょっと久々に「脳」に関わる著作を手にしました。

著者は、藤井直敬氏。理化学研究所脳科学総合研究センターにて
適応知性研究チーム・チームリーダー、BTCC双方向性BMI連携ユニット・ユニット
リーダーを務めているとのこと。
本書以外にも、何冊かの著作があります。

本作、序章を含め、7章から構成。
第1章では、脳科学研究における問題点をまとめ、その後は、
自身の最近の研究状況を概説。
どれも進行過程の研究であり、結論には至っていないものの、
まさに最先端のユニークなトピックスにわくわくしました。

中でも、興味深かったのは2章に登場する、二頭のサルによる社会性脳研究、
そして、前々から興味を持っているBMIが登場する第5章あたりでしょうか。
BMI(ブレイン・マシン・インターフェイス)技術といえば、アメリカの
DARPAあたりが、まず頭に浮かぶのですが、日本でも最前線において
BMI関連技術を研究されている方がおられたとは、知りませんでした。
今後のさらなる研究の成果に注目です。

また、本文中に紹介された関連書物が以下。
「道具を使うサル Homo faber」、「脳科学の最前線」
これらも読んでみたいですね。
100313.jpg
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 2

U3

興味あり!
by U3 (2010-03-14 07:40) 

TBM

>U3 様 niceとコメントありがとうございます。
脳に関する研究は、研究者によって切り口が異なり、
わからないことだらけなだけに、とても興味を持てます。
引き続き、関連する著作を読もうと思っています。

by TBM (2010-03-16 23:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0